気分を高めてより大きく盛り上がるためのはっぴの制作について

法被

会社で法被を活用したら盛り上がります

会社では新年から年末まで、慶事やイベントがありますが、法被を着て会社の印象アップや業績アップに繋げていきましょう。新年の挨拶や売出しは、スーツの上からでも法被を着て、会社のやる気を見せてください。豆まきイベントをするなら、会社…

江戸っ子もびっくり?現代の賑やかな法被

法被と半纏、どちらも古くからある日本の伝統衣装です。半纏は、江戸時代に現在の原型が出来たとされ、おもに防寒着や火消し装束、女性の日常の衣服として用いられていました。一方、法被はと言いますと、こちらもやはり江戸時代に原型が作られたとされています。法被は元々、武家の奉公人である中間や大工、鳶職、左官、植木職などの職人達が着用していたものです。身分の低いものが着るために素材は麻や木綿で、後ろ見頃に大きく家紋や屋号などを染め抜いたり、襟に屋号などの文字を入れたため、法被のことを江戸の人々は「看板」とも呼んでいました。
現在では、法被は祭りや各種のイベントなどに欠かせないアイテムの一つになっています。法被の通販サイトを覗いて見れば、シックな色合いの伝統的なデザインの法被はもちろん、華やかな蛍光カラーのもの、アニメのキャラクターがあしらわれたものなど、とても賑やかです。昔の江戸っ子達がこれら賑やかな「看板」を見たらさぞびっくりするに違いありません。でも威勢の良い江戸の職人たちの事ですからむしろ賑やかな法被を喜んで競うように着たかも……。そんなことを考えながら法被に袖を通すのもちょっと楽しいかもしれませんね。

Choices Article

Update Post